使えるノベルティを選ぶ企業は業績もアップする?

ノベルティグッズを展示会やイベントで配布する、これは大半の企業が実施しているマーケティング戦略といっても良いのではないでしょうか。

ボールペンやミニドライバーセット、クリアケースや付箋などオフィス内で使うことができるグッズは定番アイテムです。さらに、季節が夏などであればうちわも喜ばれるノベルティであり、両面に企業名やブランド、商品名などを記載しておけば立派なノベルティとしての効果を期待することができるわけです。数多く配布をする必要があるのが展示会ですから1つ当たりの単価も抑えておきたい、このように考える企業担当者も多いのではないでしょうか。ここで重要なことは単価を抑えて選んだ商品が顧客に受け入れて貰えるか否かです。

例えば、持ち帰っても使い道がないアイテムや持ち帰るのが面倒になってしまうもの、これでは受け取る側も迷惑に感じてしまう逆効果になりかねません。アイテムの価格を抑える前に、それが顧客にとってどのような使い道があるのか、持ち帰るのに最適な重さやサイズであるのか、これをしっかり抑えておくことが重要です。

使い勝手が良いボールペン、しかもカラーバリエーションをいくつか用意しておいて顧客に選んでもらう、このようなサービス精神を持つことは企業アピールには大切な要素なのではないでしょうか。魅力あるノベルティを選ぶことは、企業イメージアップとなり結果的に業績アップにつながるなどのメリットを持ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *