出産内祝のマナーについて

赤ちゃんが生まれたときに、出産祝としてさまざまなものが贈られてきます。その出産祝のお返しとして行われるのが、出産内祝になります。出産内祝を贈る時期としては、生後一ヶ月頃のお宮参りの頃に贈るのが一般的でしたが最近では生後1~2ヶ月以内に贈ることが多くなってきています。出産祝に頂いた物の半額~3分の1程度が相場とされています。

高額な品をもらったのにお返しの品が安い物ではバランスがとれておらずマナー違反となっています。出産内祝として贈られるものとしては、実用的な石鹸やタオルセット、洗剤などの実用的な消耗品、お菓子やコーヒーなどの日持ちのする食べ物などが喜ばれます。会社の人など連名で贈られた場合には、皆で食べられるお菓子などを贈ると良いとされています。のし紙を書く場合には表書きに「内祝」または「出産内祝」と書き、お祝い事を意味する紅白の蝶々結びの水引を使用します。

名入れは子供の命名披露も合わせて行うことが特徴となります。近年では、名前だけではなく写真を入れたメッセージカードなどをつけてくれるお店も多いため、お披露目をするにはそのようなサービスを活用することもおすすめです。贈っては行けない物としては、子供の写真や名前入りの品物などの処分し難いものや自分の趣味に偏り過ぎたものなどはあまりおすすめできないとされています。どうしても写真を贈りたいという場合には、祖父母や兄弟などの親しい間柄の人のみに贈ると良いと思われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *