出産内祝いの際のマナー

出産すると沢山の方にお祝いをいただく機会があります。そういった方に出産内祝いという形でお礼をするのは、その方との今後の関係をよりよいものにするために非常に重要なことです。ただ出産内祝いをするにしても、そのマナーが悪いものですと、逆に関係を悪化させる原因ともなり得ます。そこでここでは出産内祝いでのマナーに関して説明します。

まず最も問題となりやすいのは内祝いの品のお値段です。内祝いの品は頂いた出産祝いの金額の1/2から1/3が相場となっています。このくらいの金額のものをしておけばトラブルはないでしょう。感謝の気持ちを込めて、それより高額な品を差し上げるのはかえってよくないです。

当然お祝いの1/3以下の品を送るのも失礼です。また、内祝いの品の届け方に関して気を付ける必要があります。のしや包装をするのは当然必要です。また、お手紙やメッセージカードを添えておくとより丁寧なものとなるでしょう。

さらに内祝いの品が届くタイミングも重要なポイントです。出産祝いを渡したのを忘れたぐらいのタイミングで内祝いが届くのはやはり失礼なことです。内祝いはまとめて沢山送ってしまいたいと考えるのは仕方ないですが、なるべく出産祝いをもらってから1か月以内には送るようにしましょう。あと、もらってうれしくない品を内祝いとしてもらうのも相手側からしてみれば嫌なことです。

趣味の偏った小物や装飾品、食べ物は避け、なるべく万人受けするものを選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *